総量規制外のカードローンの注意点

銀行や信用金庫、信用組合などの金融機関は、貸金業ではないので総量規制外のカードローンでの融資を受け付けています。
かつてバブルが崩壊したころに、いわゆるサラ金と呼ばれる、あちこちの金融機関から、お金を借り入れて多重債務に陥ってしまう人が多発していました。
そんな、多重債務者をこれ以上生み出さないようにするために制定されたのが、総量規制です。
総量規制は貸金業法の中で定められている規制なため、貸金業として登録する必要がある消費者金融や信販会社だけが対象になります。
総量規制と言われているものではない融資のローンでは、年収の三分の一までの借入限度額がないので、高額な借入限度額を希望しても、叶えられる可能性が高くなります。
ただし、総量規制外のカードローンの注意点として挙げられるのが、お金を借りてからの返済計画についてです。
もともと、総量規制は返済に苦しむ人を生み出さないために作られた規制ですので、総量規制を超える金額のお金を借りることは、その分だけ返済が難しくなるということを意味します。
年収の三分の一を超える金額を借りるときは、前もってしっかりした返済計画を立てる必要があります。
また、銀行などの審査において、申し込んだ人の返済能力が、あまり高くない場合は総量規制外でも年収の三分の一を超えるような借入限度額では審査が通らない可能性があるということも注意点の一つとして挙げられます。
最初は少ない金額の借入希望額を提示しておいて信用を得てから増額をするのも一つの方法です。